プロジェクト管理ツールには大きく分けて2つの契約形態があります

契約形態の違いを知ろう

管理ツールを選ぶ上で大事な部分として契約形態の違いを必ず押さえておきましょう。主に自社運用とクラウドに分けられます。

管理ツールの主な契約形態

レディ

自社運用

会社のサーバーにプロジェクト管理ツールのシステムを導入し、会社のネットワークのみで情報共有するというものです。クラウド型に比べて情報が漏れにくいですが、サーバー管理やメンテナンス費用がかかります。

クラウド型

インターネット上のサーバーを利用してプロジェクト管理のツールを使用するというものです。クラウド型のメリットは、インターネット環境があればどこでも作業が可能ということでしょう。初期投資も少なくて済みます。しかし、セキュリティの面が自社運用に比べると弱いです。

サポート体制はどうなっているか

プロジェクトの管理ツールに関して、自社運用とクラウド型のどちらかにするかをしっかりと検討することも大事ですが、導入した後にどういったサポート体制になっているのかもよく確認しておきましょう。プロジェクト管理ツールは導入してからが勝負です。